メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸製鋼所

データ改ざん 社長退任検討 責任を明確化

川崎博也会長兼社長

 神戸製鋼所は、川崎博也会長兼社長(63)が社長職を退任する方向で検討に入った。アルミ製品などのデータ改ざん問題を巡り、外部調査委員会の最終報告が6日に公表されるのを受け、経営責任を明確にする。

 神戸製鋼では昨年、自動車用アルミ板や銅管、鋼線などのデータ不正が発覚。複数の工場で顧客と契約した品質に満たない製品の検査数値を書き換えるなどしており、不正が長年続いていたケースも目立…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文474文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. 自民総裁選 「ポスト安倍」、会期延長で身動き取れず
  4. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  5. 受動喫煙対策 それでも先生か がん患者に「いいかげんにしろ」 自民議員、規制巡り 衆院厚労委、参考人陳述

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]