メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

公害病訴訟半世紀の歴史的意義 温暖化、原発に教訓生かせ 全国公害弁護団連絡会議初代事務局長・豊田誠氏

 国内初の公害病・イタイイタイ病(イ病)=1=の被害者が原因企業の三井金属鉱業を提訴して9日で50年を迎える。四大公害病=2=訴訟の中でいち早く勝訴し、日本の公害対策の礎となった。半世紀にわたり数々の公害訴訟に携わってきた全国公害弁護団連絡会議初代事務局長の豊田誠弁護士(82)にイ病訴訟の歴史的な意義を聞いた。【聞き手・古川宗、写真・太田康男】

--イタイイタイ病訴訟に参加した経緯を教えてください。

この記事は有料記事です。

残り2745文字(全文2945文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 日立製作所vsヤマハ 第6日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗野球

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです