メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

公害病訴訟半世紀の歴史的意義 温暖化、原発に教訓生かせ 全国公害弁護団連絡会議初代事務局長・豊田誠氏

 国内初の公害病・イタイイタイ病(イ病)=1=の被害者が原因企業の三井金属鉱業を提訴して9日で50年を迎える。四大公害病=2=訴訟の中でいち早く勝訴し、日本の公害対策の礎となった。半世紀にわたり数々の公害訴訟に携わってきた全国公害弁護団連絡会議初代事務局長の豊田誠弁護士(82)にイ病訴訟の歴史的な意義を聞いた。【聞き手・古川宗、写真・太田康男】

--イタイイタイ病訴訟に参加した経緯を教えてください。

この記事は有料記事です。

残り2745文字(全文2945文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  2. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  3. 小山慶一郎 情報番組復帰 10月からTOKYO MX「バラいろダンディ」(スポニチ)

  4. 水川あさみさんと窪田正孝さんが結婚「にぎやかで面白い家庭を」

  5. ORICON NEWS AAA西島隆弘が千葉県で復興支援 物資の搬送や写真撮影にも応じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです