メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 西南学院大(福岡市)の学生5人と米国やフィリピンなどからの留学生4人が2月、大学近くの商店街で買い物をし、公民館で福岡の「がめ煮」(筑前煮)や宮崎のチキン南蛮などの郷土料理を一緒に作って楽しんだ。

 福岡市には年間250万人を超える外国人が訪れるが、商店街まで足を延ばす人は少ない。訪日外国人を対象にした旅行商品に商店街訪問を盛り込むことができないか。旅行会社や商店街関係者らからも話を聞き、学生たちが考えたのが一…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  2. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです