メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/211 第6章 19=高村薫 多田和博・挿画監修

 薄い水色のワンピースと白いカーディガンに、白いパンプスと白いソックス。そのへんの女性誌から抜け出してきたような格好だという以外、忍には思いつく物語はない。十二年経(た)っても多磨駅の小野などは一目で分かるのに、栂野(とがの)真弓の顔がはっきりしないのはなぜか。インスタに流れた上田朱美の顔もよく分からなかったことを考えると、自分の脳はゲームやアニメのキャラクター以外の、人間の女の顔を識別する部分に欠陥があるのかもしれない。そんな自問自答をするうちに、駒沢公園のほうから歩いてきたスキニーパンツの女が五差路に着き、二人は顔いっぱいに笑みを弾(はじ)けさせる。これでよし。あのパンツのほうがSNSでやり取りしていた<etsuko>だ。

 二人の女は予約をしてあったようで、カフェの中二階のソファ席に坐(すわ)る。お昼時の混雑に紛れてあと…

この記事は有料記事です。

残り579文字(全文946文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  5. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです