メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校の中庭で作業する子どもたち。たことメッセージカードに思いを込める

 パレスチナ自治区、ガザ地区。所々に崩れた建物が横たわり、壁には無数の弾痕が痛々しく残されている。2014年、イスラエルの大規模な空爆の爪痕だ。見上げるような壁にぐるりと囲まれ、限られた自由の中で、それでも人々は日常を営み続けている。

 国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)が運営する学校では、子どもたちが中庭で熱心に作業を続けていた。手元にはパレスチナと日本の国旗の模様が合わさったたこや、色とりどりのメッセージカードが並ぶ。ガザ地区では12年から毎年3月、東日本大震災の被災地の復興を願…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文622文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. 携帯大手3社、値下げ肩すかし 楽天参入遅れで

  4. 「風評被害になりかねない」 菅官房長官、韓国のIAEAでの非難に反論

  5. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです