メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゆがんだ磁場

リニア談合事件/中 「汗かきルール」温床か 工費引き締めの裏で

リニア中央新幹線の南アルプストンネル工事の安全を祈願してくわ入れを行う柘植康英JR東海社長(左)と山内隆司大成建設会長=山梨県早川町で2015年12月18日、梅村直承撮影

 山梨、静岡、長野3県にまたがる南アルプストンネル(全長約25キロ)。地表から最大で1400メートル下を掘削し、高圧の水脈に当たる恐れもある難工事だ。2011年にリニア中央新幹線のルートが固まる前の08年ごろ。南アルプスの山梨県側で大成建設の担当者が土地を調査していた。長野県側には鹿島の担当者が入っていた。

 JR東海は07年12月、リニア中央新幹線東京-名古屋間について、5兆円の事業費を自己負担して建設す…

この記事は有料記事です。

残り982文字(全文1186文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 週刊テレビ評 綾瀬はるか主演「義母と娘のブルース」 原作を超えた独自の世界観=碓井広義
  4. 拾得物詐取 大阪の巡査ら個人情報なし狙い
  5. あおなみ線 空港まで 名古屋市、検討対策室設置へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです