メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大震災7年

元気出してやっぺど…臨時災害FMが閉局へ

ラジオ番組の収録のたびに執筆した分厚い台本の束を抱える遠藤祝穂さん。「自分で言うのもなんだけど、面白い番組だったねぇ」=2018年2月22日、尾崎修二撮影

福島・富岡弁で全国に発信 愛称ノリオさん復活出演 

 ほんじぇは今日はこんなごどでな。元気出してやっぺど--。東京電力福島第1原発事故で全国各地に避難した町民を励ましてきた福島県富岡町の臨時災害放送局「おだがいさまFM」が、開局6年の今月末に閉局する。ノリオさんの愛称で親しまれ、方言たっぷりで昔話をする人気のコーナーを担当していた町民の遠藤祝穂(のりほ)さん(73)は、病に倒れて降板を余儀なくされたが、閉局を前に最後の収録に臨む。【尾崎修二、写真も】

 2冊の分厚いバインダーを大切にしている。収録前に慣れないパソコンで打ち込んだ台本の束だ。「自分で言…

この記事は有料記事です。

残り727文字(全文1003文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  2. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです