メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

全人代会期、異例の長期間に 5日開会

全人代に先駆けて開催される会合に出席するため、会場に到着した伝統衣装姿の出席者ら=北京の人民大会堂で4日、ロイター

 【北京・河津啓介】5日に開会する全国人民代表大会(全人代=国会)の日程や議案が4日、発表された。20日に閉会する16日間で、憲法改正などの重要案件を審議するため例年より5日間ほど長い異例の会期となった。昨年10月の中国共産党大会後、2期目に入った習近平総書記(国家主席)が全人代を通じて「新時代の中国」建設に一歩を踏み出す舞台となりそうだ。

 5日は李克強首相による政府活動報告の後、国家主席の任期を事実上撤廃する憲法改正案の説明がある。張業…

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文981文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

  2. 伊藤「いい試合できた」今季4度目の決勝進出で初勝利 元世界1位倒す

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 風知草 観桜会の論じ方について=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです