メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドイツ

大連立継続 EU、統合深化に本腰

大連立政権入りが決まった党員投票の結果に拍手を送る人々=ベルリンの社会民主党本部で2018年3月4日、ロイター

 【ブリュッセル八田浩輔】ドイツの国政第2党・社会民主党が大連立政権の継続を選び、第4次メルケル政権の発足が決まったことで、欧州連合(EU)は停滞していたEU統合の深化に向けた動きを活発化させそうだ。

 昨年9月の独総選挙後の政治空白に伴い、EUでは難民政策や共通通貨のユーロ圏改革など重要な政策課題での議論を深められずにいた。一刻も早い政権発足を待ちわびていたのはフランスのマクロン大統領だ。マクロン氏は昨年5月の大統領就任後、ユーロ圏の共通予算化や防衛分野での協力強化など幅広い領域でのEU改革を提唱。ドイツとの強力な2国間協調をその推進力とすることを望んでいる。

 独新政権の発足決定と4日のイタリア総選挙を受け、EUは統合立て直しの柱としてユーロ圏改革の議論を加…

この記事は有料記事です。

残り916文字(全文1249文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  2. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  3. 修学旅行の高校生ら130人が集団食中毒か 福岡からスキー研修で新潟へ

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです