メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

裁量労働違法適用

「高プロ」も乱用の懸念 

 裁量労働制は実際の労働時間ではなく、あらかじめ決めた「みなし労働時間」に基づいて残業代込みの賃金が支払われる。このため労働時間管理が甘くなり、過労死遺族から「長時間労働につながる恐れがある」という声が上がっていた。野村不動産のケースのように、違法適用されても外部からのチェックが難しい面もあるとされる。

 こうした懸念は、政府が働き方改革関連法案に盛り込む予定の「高度プロフェッショナル制度」(高プロ)に…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文466文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ことば うるま市女性殺害事件
  2. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  3. 海洋汚染 微小プラスチック、国内の貝にも 沖縄や東京湾
  4. 名人戦 佐藤名人「羽生さんから防衛、想像絶した」
  5. テニミュ 斎藤工や城田優、瀬戸康史…伝説の1stシーズン放送決定 WOWOWで8月から

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]