メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

侍ジャパン

豪州に2連勝 稲葉監督「収穫は投手陣」

 野球の日本代表「侍ジャパン」は4日、京セラドーム大阪で、オーストラリア代表を6-0で破った。稲葉篤紀監督は、年齢制限のないフル代表を初めて指揮した、オーストラリアとの強化試合で2連勝した。

     日本は一回、上林(ソフトバンク)の投前適時内野安打で1点を先取。二回には秋山(西武)の右前適時打などで2点を追加した。四回には松本(日本ハム)の中前適時打で1点、六回には今宮(ソフトバンク)、秋山、松本の3連続長短打で2点を加えた。

     投手陣は、計6人で2試合連続となる零封リレー。先発の則本(楽天)は2回を5奪三振し、1安打無失点だった。【岸本悠】

    日本・稲葉監督

     収穫は投手陣。やはり素晴らしい。(今後も)今回の選手が軸。このチームを土台にしたい。今年いっぱいは若い選手も試せる時期。どんどん見たい。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
    2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
    3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
    4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
    5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです