侍ジャパン

豪州に2連勝 稲葉監督「収穫は投手陣」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 野球の日本代表「侍ジャパン」は4日、京セラドーム大阪で、オーストラリア代表を6-0で破った。稲葉篤紀監督は、年齢制限のないフル代表を初めて指揮した、オーストラリアとの強化試合で2連勝した。

 日本は一回、上林(ソフトバンク)の投前適時内野安打で1点を先取。二回には秋山(西武)の右前適時打などで2点を…

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文348文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集