侍ジャパン

最年長・秋山 快勝を演出、打点も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ○日本6-0豪州●(京セラドーム大阪・4日)

 巧打と俊足が売りの男が、稲葉ジャパンで不動の地位を築きつつある。2試合連続で1番で起用されたチーム最年長の秋山が3安打2打点。好機を演出したかと思えば、走者を還す役割も果たし、快勝を演出してみせた。

 チームを勝たせるすべを知っている。象徴的だったのが、稲葉監督が「任せた」という二回無死一、二塁。秋山は「思い切って引っ張れる球を待っていた」。内野ゴロになっても走者の進塁を助けることを意識しながら、2球…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文563文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集