メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・スーパーシート

東急不動産ホールディングス社長 大隈郁仁

大隈郁仁氏

ソフトの付加価値提供へ転換

 初任は郊外型ニュータウンの建て売りの販売を担当した。営業を担当した4年間はお客様に家を売ることが大変難しいことを肌身で感じた。その後人事担当などを経て、入社14年目に初めて開発系業務の担当となった。当時はバブル崩壊もあり、会社も非常に厳しい時代だった。千葉県佐倉市の団地内にある事業用地で大型商業施設の開発を担当し、地元商業者との調整も終えやっと1997年に着工し、ほっとしたのもつかの間、開業年度に売却して利益を出すよう指示があった。

 不動産の流動化・証券化が幕開けする時期で、98年にはSPC法(資産の流動化に関する法律)が施行され…

この記事は有料記事です。

残り1203文字(全文1485文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に
  2. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  3. フジ三田友梨佳アナ、磯野貴理子の離婚理由に「女性として一番言われてつらい言葉」(スポニチ)
  4. 即位とは何か 天皇の血筋が意味するもの
  5. 東京・池袋の暴走 1カ月 「50年無事故だったのに」 7年前女性死なせた運転者 能力低下、自覚遅れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです