メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「暮らし満足No.1のまち」を目指せ!

 大分県中津市には、ここ数年、毎年訪れている。今回は、中津商工会議所青年部30周年記念講演会の基調講演講師として、福澤諭吉先生の118回忌法要の日に招かれた。「心身の独立を全うし、自らその身を尊重して人たるの品位を辱めざるもの、これを独立自尊の人という」を思い出す。法要に参列できて、とても光栄なことであった。

 同市は大分県の西北端に位置し北西は福岡県に接し、北東は周防灘に面している。市域の約8割が山林、冬は比較的曇りの日が多いが、気候は瀬戸内海気候区に属し、年間を通じ比較的温暖な人口8万4570人(2月15日現在)のまち。藩政時代から明治維新以降も下毛郡として一体感あり、歴史的・文化的な面でつながりが深い地域だ。明治4年の廃藩置県により、中津県、さらに小倉県、福岡県と変わり、明治9年に大分県となり、大…

この記事は有料記事です。

残り1420文字(全文1794文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  4. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

  5. 「まさか栃木で」小6女児保護、大阪の住民ら驚き「よく頑張った」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです