メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

難民認定制度 就労目的の申請抑止へ運用変更

就労目的の難民申請が増える中、申請者全体の7割を受け付けている東京入国管理局=法務省提供

審査期間を短縮し迅速・効率化目指す

 就労目的の難民申請が急増している。理由は「難民申請すれば就労資格が得られる」との誤解が広がったためと見られている。法務省は就労を目的とする偽装申請の抑制へ、1月から難民認定制度の運用を見直した。

 「難民申請=就労」。この誤ったメッセージとなったのが申請6カ月後から一律に就労可能な在留資格を与えた2010年3月の運用変更だった。これは審査が長期に及ぶため、申請者の生活安定を図るための措置だった。実際、昨年の1次審査の平均は9.6カ月。認定されず不服を申し立てると、更に平均で23.4カ月かかるが、この間、就労できるため「難民申請すれば、就労ビザがもらえる」と誤解され、想定外の申請者を呼び込んでしまったわけだ。

 当然、全員が就労目的ではないが、申請者数の推移を見れば、誤ったメッセージだったことは明白だ。10年…

この記事は有料記事です。

残り2150文字(全文2524文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  2. マクドナルド福増町店 道路の真ん中に!? 味なことやる バイパス遊休地を活用 /北陸
  3. 愛媛県文書 安倍首相内容否定に中村知事「そうですか…」
  4. 財務省 森友交渉記録を国会に提出 改ざん前決裁文書も
  5. 高橋・狛江市長 セクハラ疑惑 一転辞意 実名抗議うけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]