メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽プロデューサーの「時には昔の話を」

<1>巨匠ヘルベルト・フォン・カラヤンとの〝事件〟のような遭遇

ベルリン・フィルハーモニーを指揮するカラヤン=東京文化会館で1966年4月12日

篠原良

 ユニバーサル・ミュージックでクラシック音楽部門のプロデューサー/ディレクターとして活躍し、世界的な巨匠の至芸や庄司紗矢香、五嶋龍ら若手アーティストの才能を日本の音楽ファンに紹介してきた篠原良氏。国内外の多くのアーティストから厚い信頼を寄せられ、その交流は多岐にわたる。そんな篠原氏にアーティストとの思い出を振り返ってもらう新連載「音楽プロデューサーの 時には昔の話を」がスタートします。「時には昔話を」とは、かつて担当していた歌手・加藤登紀子と一緒に制作した作品の題名であるという。最初の〝昔話〟は、20世紀の巨匠指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンとの初対面のほろ苦い思い出について。

 私がクラシック部門へ異動したのは、1987年のことでした。それまでのレコーディング・ディレクター(…

この記事は有料記事です。

残り3237文字(全文3584文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです