メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イタリア総選挙

EU、新たな課題 楽観一転、懐疑派が躍進

 【ブリュッセル八田浩輔】ドイツで連立政権発足に見通しがついたのもつかの間、欧州連合(EU)懐疑派の右派「同盟」(旧・北部同盟)が躍進したイタリア総選挙の結果は、EUにとって「一難去ってまた一難」と言える。

 EU本部のあるブリュッセルではイタリア総選挙直前、世論調査で過半数に達する明確な勝者が出ない見通しに「勝者はEUだ」との楽観的な見方もあった。主要政党の多くが選挙戦後半に近づくにつれて、反EU色を後退させたからだ。

 イタリアはEUへの支持率が高くないが、有権者の多くがEUや共通通貨ユーロからの離脱までは望んでいな…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです