メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

日本音楽コンクール 作曲部門を大改革 純粋な譜面審査に

第86回日本音楽コンクール作曲部門本選で、1位になった久保哲朗さん=東京オペラシティ・コンサートホールで昨年10月26日、藤井達也撮影

 日本の音楽史を飾る多くの作曲家を輩出してきた日本音楽コンクールの作曲部門の審査・選出方法が今年の第87回から大きく変わる。このほど開かれた日本音楽コンクール運営委員会で決定された。

 改革の最も大きなポイントは、本選における審査を、これまでの譜面審査と公開演奏による審査から、純粋な譜面審査に変更することである。従来、作曲部門は、譜面第1審査、譜面第2審査を経て選ばれた本選出場作品を、外部の演奏家や演奏団体が本選で演奏し、それを審査して受賞作を決めてきた。今年からは、演奏がなくなり、本選も譜面審査によって行われる。譜面を徹底的に精査して受賞作を決めることで、純粋に作曲上の音楽的要素のみが審査されることになる。

この記事は有料記事です。

残り1008文字(全文1315文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです