メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる・読見しました。

私はビューティー

 「ずいぶん会ってないなあ」。仕事中ふと思い出したのは、60代くらいのおばさま。歯科助手をしているバイト先の患者さんで、とにかくおしゃべりが大好き。そして私に「ビューティー」という、身に余るあだ名をつけてくださった患者さんだ。

 正直に言うと、初めは避けていた。いつも混み合っているクリニックで、1人の患者さんと長話をしているわけにいかない。「あまり関わらないようにしよう」と思っていた。

 しかしそういう時ほど、自分が対応する羽目になるもの。案の定、私も話さなければいけない場面に陥ってし…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文572文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです