メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

「斎藤茂吉-歌と書と絵の心」展 自筆の絵画、遺品にも光 記念館の再開控え、東京で公開

文化勲章受章(1951年)を記念した肖像画(中村研一作)を示す秋葉四郎・斎藤茂吉記念館館長=東京都渋谷区の松濤美術館で、井上卓弥撮影

 歌誌「アララギ」を代表する歌人で、近代短歌史に傑出した歌と歌論を刻んだ斎藤茂吉(1882~1953年)の人間像に、多彩な角度から光を当てた展覧会「斎藤茂吉-歌と書と絵の心」が、東京都渋谷区の松濤美術館で開かれている。

 茂吉の故郷、山形県上山市の「斎藤茂吉記念館」(秋葉四郎館長)は今年、開館50周年を迎えるが、展示内容の充実やバリアフリー化をめざし、4月27日のリニューアルオープンに向けて改修作業が進められている。この期間を利用して、代表的な肖像画をはじめ、自筆の絵や画賛、遺品の眼鏡や帽子などの貴重な所蔵品が場所を変えて公開される。

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文925文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  2. 飯塚元院長を12日にも書類送検 運転処罰法違反容疑 池袋母子死亡

  3. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  4. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  5. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです