東日本大震災7年

「漂流ポスト」2代目 悲しみ癒やし続け 岩手・陸前高田

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
2代目ポスト(左)を設置し、初代ポストをトラックに載せる赤川勇治さん(右)ら=岩手県陸前高田市広田町で2月20日、藤井朋子撮影
2代目ポスト(左)を設置し、初代ポストをトラックに載せる赤川勇治さん(右)ら=岩手県陸前高田市広田町で2月20日、藤井朋子撮影

 東日本大震災で亡くなった人への思いをしたためた手紙を受け取ってきたカフェ前にたたずむポストが、2代目に交換された。岩手県陸前高田市にあるこのポストは赤い円柱形のなつかしいデザイン。初代は同県一関市の持ち主に返され、2代目は同県奥州市の幼稚園からやってきた。三陸の森の中で、悲しみを癒やしに来る人を静かに待っている。【藤井朋子】

 カフェを経営する赤川勇治さん(68)は4年前から、店の前にポストを設け、亡き人への手紙を受け取る「漂流ポスト3・11」という取り組みを始めた。心にたまった、やり場のない気持ちを書き記すことで、遺族などの気持ちの整理が少しでもつけばという考えからで、寄せられた手紙は400通を超える。

この記事は有料記事です。

残り595文字(全文901文字)

あわせて読みたい

注目の特集