メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大リーグ

「50歳現役」また一歩 イチロー、古巣復帰へ

メジャー歴代年間最多安打記録を更新した翌日、観客の声援に応えるイチロー=シアトルのセーフコ・フィールドで2004年10月2日、竹内幹撮影

 目標の「50歳まで現役」に一歩近づいた。米大リーグ、マーリンズからフリーエージェント(FA)になっていたイチロー外野手(44)のマリナーズ復帰が5日、濃厚となった。2004年に大リーグ記録の年間262安打を放つなど輝かしい実績を築いた大ベテランが古巣のユニホームに袖を通し、メジャー18年目のシーズンを迎える。

 今オフはFA市場の動きが鈍く、大物選手ですら、いまだに新天地が決まらない選手が多い。大リーグ通算3000安打を達成し、現役引退後には米野球殿堂入りも確実視されるレジェンドも時に、不安を隠せなかった。

この記事は有料記事です。

残り643文字(全文899文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  3. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 東京マラソン 「参加自粛要請」でも返金せず 来年の参加料免除も苦渋の決断

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです