メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

給食

地産地消 「魚のまち」を味わう 釜石の小中学校 /岩手

サケの豆乳ソースがけやワカメのスープなど、地産地消にこだわった給食を水産加工業者らと味わう釜石小6年の児童

 釜石市内の全14小中学校(児童生徒約2400人)に1日、地産地消給食メニューが登場。子どもたちは笑顔で頬張り、「魚のまち」を五感で味わった。

 献立は、地元の海産物を使った「サケの豆乳ソースがけ」と色鮮やかな「ワカメのスープ」など。ほとんどが魚好きという市立釜石小6年生16人は、水産加工業者らと机を囲んで「いただきまーす」。欠席した2人分の主菜をじゃんけんでゲットした児童…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文468文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. 京都府警 スーパーで店員の女性刺す 男の身柄を確保
  5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです