メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地ワイン便り

大田原 鳳鸞酒造 県産とちおとめ使用 /栃木

鳳鸞酒造社長の脇村光彦さん。ワインの貯蔵庫には日本酒の貯蔵タンク(右)もある=大田原市で

 明治初期にはブドウの産地として知られ、ワイン醸造も行われていた県北部の那須野ケ原地域。「那須疎水」の整備により水不足が解消した現在は日本酒の醸造が盛んで、中心地域の大田原市には酒蔵が六つもある。

 その一つ、老舗酒造会社「鳳鸞(ほうらん)酒造」(同市住吉町1)は約20年前からワイン醸造に取り組み、「那須の原ワイナリー」を営む。鳳鸞酒造4代目社長の脇村光彦さん(63)は「常に新しいことに挑戦していきたい」と力を込める。

 鳳鸞酒造の創業は1881(明治14)年。元々は近江商人の親戚筋だったという脇村家は、滋賀県から移り…

この記事は有料記事です。

残り1026文字(全文1286文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 「可能性得た」川口祖父母強殺の元少年「こども応援ネット」にメッセージ
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです