特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

つなぐ

18センバツ国栃 選手紹介/6 須藤蓮斗内野手/神田能克内野手 /栃木

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 <第90回記念選抜高校野球>

貢献誓う万能選手 須藤蓮斗内野手(2年)

須藤蓮斗内野手 拡大
須藤蓮斗内野手

 高校入学後に未経験だった捕手に挑戦。さらに昨夏は右翼を守り、秋には一塁手として、レギュラーの座をつかんだ。

 「野球センスが良いので、どこを守っても上手」(勝盛直樹選手)という万能選手。高校では投手経験もあり、「複数のポジションを練習するのは大変だったが、その分成長できた」と糧にしている。

 昨秋は6番打者を務め、打率は3割を超えた。しかし、打点は2にとどまったこともあり、「秋のようにチャンスで気負いすぎず、つなぐ意識で打点を稼ぎたい」とチームへの貢献を誓っている。栃木市立東陽中出身。171センチ、72キロ。

毎日自主練で磨く 神田能克(よしかつ)内野手(2年)

神田能克内野手  拡大
神田能克内野手 

 中学時代は、軟式野球で県大会優勝の実績を持つ。4番打者でチームの中心だった自負もあり、レギュラーで甲子園に出ることを目標に、国学院栃木に入学した。しかし、周囲のレベルの高さに驚き、「自分がチームで一番下手だと思うようにした」。始業前の自主練習は、毎日欠かさない。

 2年前の秋の1年生大会では「6番・一塁」で先発したが、昨秋は控え。レギュラー奪回に燃えている。

 ダジャレが得意で、「面白くないけれど、なぜか笑ってしまう」と仲間の評判は上々。周囲を和ませる魅力もある。壬生町立壬生中出身。174センチ、74キロ。=つづく

関連記事

あわせて読みたい