メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県防災ヘリ墜落

1年 息子の覚悟、生かして 犠牲隊員の母、安全な救助体制願う /長野

事故時、小口浩さんが使用していたヘルメットと靴=塩尻市で

 消防士ら9人が死亡した県消防防災ヘリコプター「アルプス」の墜落事故は5日、昨年3月の発生から1年となった。犠牲者の消防防災航空隊員、小口(おぐち)浩さん(当時42歳)は、事故の翌月、消防隊長に着任する予定だった。塩尻市に住む母(67)は、今も息子の死を受け入れられないという。事故時に身につけていたヘルメットなどを前に、「何かの間違いで帰ってきてくれないかな」とつぶやいた。【ガン・クリスティーナ】

 小口さんは「火事がある度に飛び出す」消防団員だった父の背を見て育ち、命を救う姿に憧れた。中学校の卒…

この記事は有料記事です。

残り977文字(全文1227文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. WEB CARTOP 高速道路が渋滞していても一般道に降りないほうがいいワケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです