メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西尾市

方針 PFI10事業実施せず 18事業は計画通り /愛知

PFI事業の見直しについて記者会見する中村健市長=西尾市役所で

 民間資本を活用して公共施設の整備・再配置を行うPFI事業の見直しを進めていた西尾市は5日、市議会全員協議会で検証結果と見直し方針を明らかにした。主な32事業のうち、多機能型市営住宅や温水プールなど10事業について、着工前などを理由に「実施・建設しない」とした。事業を巡っては、担い手となる特別目的会社(SPC)と市が総額198億円で包括契約しているが、市は見直しについて、今後SPCと協議する。【亀井和真】

 「実施・建設しない」とした事業は、一色地区の「多機能型市営住宅」(総事業費約19億円)や寺津地区の…

この記事は有料記事です。

残り770文字(全文1024文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  4. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  5. 千葉 「記憶ない…」私立高副校長が泥酔し女湯に侵入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです