メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歯科治療

AI利用し 阪大とNECが構想 /大阪

 大阪大学とNECは、AI(人工知能)を利用した歯科治療の構想を進めている。口の中のがんを早期に発見したり、高齢者の歯の喪失の危険性を予測したりするなど、最新のICT(情報通信技術)を導入し、安全で効果的な治療法を目指す。

 医学系ではAIを利用した診断システムは既にあるが、歯科の分野でこれほど大規模な研究は国内初という。

 構想では、歯型の3次元模型やレントゲン情報などを解析して瞬時に効果的な治療計画を立案するほか、口の中を撮影して、がんや口内炎などの早期発見、歯を失いやすい高齢者の早期判定などに取り組む。数年以内の実現を目指す。

この記事は有料記事です。

残り152文字(全文419文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. 首相また会見18分、質問二つで終了 追加受けず 帰省「一律自粛求めず」

  3. 首相会見に識者「政府の責任から逃げている」「質疑は『おまけ』という姿勢」

  4. クックパッドニュース 目からウロコ!ガス代が節約できる「パスタ」の茹で方

  5. 沖縄県、新たに159人感染 過去最多を更新 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです