メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歯科治療

AI利用し 阪大とNECが構想 /大阪

 大阪大学とNECは、AI(人工知能)を利用した歯科治療の構想を進めている。口の中のがんを早期に発見したり、高齢者の歯の喪失の危険性を予測したりするなど、最新のICT(情報通信技術)を導入し、安全で効果的な治療法を目指す。

 医学系ではAIを利用した診断システムは既にあるが、歯科の分野でこれほど大規模な研究は国内初という。

 構想では、歯型の3次元模型やレントゲン情報などを解析して瞬時に効果的な治療計画を立案するほか、口の…

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文419文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加害者更生 ストーカー治療2割 大半が受診拒否
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  3. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  4. 介護 人手不足続く 需要高まるも負担増で悪循環に
  5. 故郷遥か 川口のクルド人 第3部/1 来日16年、入管収容の女性 「日本にいさせて」 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]