メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コレ推し!

岡山 犬養木堂記念館 岡山市北区 激動の人生 生々しく 記者→政治家・首相→暗殺 /中国

上京してきた岡山県内の支持者らと撮った記念写真。矢印で示されているのが犬養毅=岡山市北区川入の犬養木堂記念館で、竹田迅岐撮影

 岡山県出身者として初の首相となった犬養毅(いぬかいつよし)(1855~1932)の生家がある岡山市北区川入に、功績を紹介する「犬養木堂(ぼくどう)記念館」が建っている。記者から政治家へ転身し、政党総裁を経て首相へと激動の人生を駆け抜けた犬養。初当選時の証書など、ゆかりの品々が並ぶ同館には県内外から足を運ぶ人が絶えない。【竹田迅岐】

 犬養は20歳まで岡山で暮らし、洋学を学ぶために上京。1890年の第1回衆議院選挙に当選した。大正時…

この記事は有料記事です。

残り968文字(全文1185文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  3. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  5. あなたの参院選 1票の価値はベンツ1台分? あなたの1票をお金に換算

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです