特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

英明再び

選手紹介/3 山上慎太朗遊撃手(1年)/田中陸三塁手(2年) /香川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
英明の山上慎太朗遊撃手=潟見雄大撮影 拡大
英明の山上慎太朗遊撃手=潟見雄大撮影

 <第90回記念選抜高校野球>

昨秋、打率チームトップ 山上慎太朗遊撃手(1年)

 昨秋の大会でチームトップとなる打率4割2分9厘の好打者。県大会準決勝では決勝打を放つなど勝負強い。

 楽しく野球をやりたい、との思いからチームの誰よりも大きな声で場を盛り上げる。グラウンドを離れても明るい性格で「元気よくプレーすることが自分らしい。それが良い結果にもつながる」。

 坂出市出身。幼い頃は工作が好きで、図工の授業が得意だった。物作りができる仕事に憧れ、将来の夢は建築士になることだ。

 3人兄弟の末っ子で兄2人は共に甲子園に出場している。甲子園へ行かなければというプレッシャーを感じていたというが「兄が果たせなかった甲子園初勝利を挙げたい」と思うようになった。課題は守備の強化を挙げる。

遠投は105メートル、守備も安定 田中陸三塁手(2年)

英明の田中陸三塁手=潟見雄大撮影 拡大
英明の田中陸三塁手=潟見雄大撮影

 昨秋は主軸を任され、打率4割超と好調を維持した。遠投105メートルの強肩で、三塁の守備も安定している。

 徳島県小松島市出身。中学時代は投手として全国大会で準優勝した経験を持つ。直球の最速は130キロを超え、昨秋はエース候補だった。「黒河(竜司投手)が頑張ったから甲子園でも投げるべきだ。内野手のほうが自分には合っている」と三塁手に専念する。

 サッカーも得意で「中学時代はサッカー部よりもうまかった」。リフティング100回は軽くできるという。

 試合中は敵、味方の様子をよく見る。緊張している仲間がいると冗談を言って緊張をほぐす。「甲子園では観客で埋まったスタンドの景色を楽しみたい。まずはヒット1本、アウト1個を取りたい」

次に読みたい

あわせて読みたい