メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

清掃員として働く声が出ない女性と…

[PR]

 清掃員として働く声が出ない女性と、不気味な姿のモンスターとの恋を描いた物語だという。米国の第90回アカデミー賞で作品賞に選ばれた「シェイプ・オブ・ウォーター」である▲華やかな映画の祭りも、政治や社会の動きに無関心ではいられない。2003年はイラク戦争開戦の直後で、長編ドキュメンタリー賞を受けた監督が「ミスター・ブッシュ、恥を知りなさい」と痛烈に批判した▲その後も助演女優賞の受賞者が「今こそ、この国の女性たちは平等な賃金と権利を手にすべきです」と性差別を告発したことがある。一昨年は、演技部門の候補者が2年連続で全員白人だったため、黒人の監督や俳優が式典を欠席している▲トランプ大統領が誕生してすぐの昨年は、不寛容と排外主義に立ち向かい、多様性を重んじようと呼びかけるスピーチがあった。こうした中で同性愛者の黒人少年の苦悩と成長を描く「ムーンライト」が作品賞を受けた▲そして、今年は「シェイプ・オブ・ウォーター」だ。障害を持つ主人公に黒人女性の友人、隣人は男性同性愛者という設定である。監督はメキシコ人。選ばれた意味は明快だろう。少数者へのいかなる壁も築かない決意とともに自らへの戒めがある▲映画はかつて、戦争を正当化するために利用され、人種や宗教、性などによる差別と偏見を助長する役割を担わされることもあった。苦い歴史は米国だけではない。もう、そんな過去に引き戻されないというハリウッド関係者のメッセージは重い。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  2. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  3. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

  4. 大雨で被害相次ぐ 安城や一宮など 15棟床下浸水 /愛知

  5. ORICON NEWS 『長谷川町子記念館』11日開館へ 生誕100年記念『サザエさん』などの世界観堪能

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです