メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第6部 伊藤忠商事/4 銅求め、過酷な高地へ

ペルー南部のピナーヤ鉱区。伊藤忠鉱物資源開発の視察メンバーが足を踏み入れた=2016年1月撮影、伊藤忠商事提供

 見渡す限りの荒れ地に強い夏の日差しが照りつける。2016年1月、小野沢幸介(43)はペルー南部の山岳地帯ピナーヤ鉱区に足を踏み入れた。地表には美しい緑のクジャク石が転がっている。銅が変化した鉱物だ。標高約4500メートル。富士山より1000メートルほど高く、現場を歩くうちに手足のしびれや頭痛を感じた。

 小野沢は、伊藤忠商事が銅や亜鉛の鉱山開発に挑むために11年に設立した子会社に出向中。ピナーヤを訪れ…

この記事は有料記事です。

残り964文字(全文1166文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  2. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  3. 薬で鼓膜再生、保険適用 大阪の病院、来月にも治療開始

  4. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  5. ガンダムとシャア専用ザクを九谷焼の皿に 「ど真ん中世代」職人が描く 越前漆器のボトルも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです