メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

全人代開会 「習氏が核心」徹底 「主席任期撤廃」提案、中国社会に波紋

 5日に開会した中国の全国人民代表大会(全人代=国会)は初日から、習近平国家主席(共産党総書記)のカラーに染まった。習氏は国家主席の任期上限を撤廃する憲法改正案などによって一層の政治基盤の安定を図る一方で、景気拡大の副作用など難題にも直面する。習氏個人の双肩に、中国13億人の命運がかかる。【北京・河津啓介、赤間清広】

 全人代は通常、会期が12日間程度だが、今回、16日間の異例の長さとなる。初日、習氏は北京の人民大会…

この記事は有料記事です。

残り2007文字(全文2216文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番で警官刺され拳銃奪われる 男が逃走 大阪・吹田市
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 暴言 女性教諭、児童に「ぶち殺す」 「アホ」「バカ」も
  4. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  5. 暴言 支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです