メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
火論

マグロの味=玉木研二

 <ka-ron>

 東京裁判(極東国際軍事裁判)の判決から今年で70年になる。劇団民芸が東京・紀伊国屋サザンシアターで「神と人とのあいだ」を上演している(10日まで)。

 作・木下順二(1914~2006年)。A級戦犯の東京裁判を法廷劇にした「審判」と、B・C級戦犯たちの葛藤を描く「夏・南方のローマンス」の2部構成だ。1970年代初めに発表された。

 <私たちは、忘れてはならないことを実によく忘れる。あるいは忘れてしまおうとしたがる。そしてその忘却…

この記事は有料記事です。

残り774文字(全文998文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

  4. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  5. 責任能力ない男性の突き飛ばし事件 両親の監督義務なし 遺族の賠償請求棄却 大分地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです