メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コミュニケーションロボット

家族とつながる 仏開発会社、東京で公開

モニターパネルでさまざまな表情を見せる家庭用コミュニケーションロボット「Buddy(バディー)」=東京都渋谷区で2018年3月5日午後7時30分、中島和哉撮影

 1月に世界最大の家電見本市「CES」でロボット・ドローン部門のイノベーション大賞を受賞した家庭用コミュニケーションロボット「Buddy(バディー)」が5日、初来日し、東京都内のイベントに登場した。話しかけるだけで音楽再生や通話ができるだけでなく、留守宅のパトロールや高齢者支援など生活のあらゆる場面を手助けする機能を持っており、参加者の関心を呼んだ。

 バディーは、仏ブルー・フロッグ・ロボティクス社が開発した移動式小型ロボットで、モニターパネルが顔の…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文453文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  3. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  4. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです