中国

全人代 「保護貿易に反対」強調 米政権を強く意識

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
中国の対米黒字は拡大が続く
中国の対米黒字は拡大が続く

 【北京・赤間清広】中国の李克強首相が5日の全国人民代表大会(全人代)で行った政府活動報告は、鉄鋼・アルミニウムの輸入規制など通商分野で強硬姿勢をみせる米トランプ政権を強く意識した内容だった。

 「自由貿易を守り抜く」「対等な立場での協議による貿易紛争の解決を主張し、保護貿易主義に反対する」。李氏は報告で、通商摩擦は国際的なルールに基づき解決すべきだと繰り返し強調した。名指しこそしなかったが、国内法に基づく一方的な制裁措置をちらつかせるトランプ政権が念頭にあるのは明白だ。李氏は「自らの合法的な権益を断固として守る」とも述べ、対中制裁措置が発動された場合、対抗措置で応じる姿勢を鮮明にした。

 ただし、中国にとって米国は主要な貿易相手国。互いに制裁をかけあう「貿易戦争」は何としても避けたいというのが本音だ。報告でも対米けん制の一方で、トランプ政権に対する配慮も随所ににじませた。

この記事は有料記事です。

残り620文字(全文1010文字)

あわせて読みたい

注目の特集