メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

習近平体制長期化に伴うリスク=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 習近平体制は2期10年で終わらずとなりそうで、世界中でチャイナ・リスクへの吟味が始まる。一党支配どころか一人支配になりかねない状況への危機感は一挙に高まる。

 大分すれば中国経済運営のリスクと、中国からの世界経済への関与関連とがある。中国経済運営からのリスクは積み上がる債務に発する。

 企業や家計の債務過多ならば、与信を行った銀行への、厳しい資産内容査定が政策手段になる。日本の1990年代のバブル崩壊の折にはこの手法が適用された。しかし中国ではこれは簡単ではない。それは債務過多なのが圧倒的に国有企業群だからだ。また共産党幹部の息のかかる特定民間大企業グループ…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文704文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 山本太郎の現在地 (下)「世の中、見えてんのか?」 消費税5%、強気崩さないワケ

  4. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  5. 後を絶たぬ大相撲パワハラ 中川部屋閉鎖へ 「厳しさのはき違え」の根にあるもの

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです