メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
食・FOOD

春の貝料理 濃厚なうまみ生かして

料理研究家の舘野鏡子さん

 <くらしナビ ライフスタイル>

 春になり、旬を迎えるのがアサリやハマグリなどの貝類だ。料理研究家の舘野鏡子さんに貝をおいしくいただく料理を教えてもらった。

 「貝類は、身から出るだしが一番おいしいです」と舘野さんは話す。今回は、だしのうまみを余すことなく楽しめる3品を紹介してもらった。

 1品目は「アサリとグリーンピースのショウガ飯」。炊き込みご飯にすることで、ご飯にアサリのうまみが閉じ込められる。ご飯に入れる煮汁は茶こしでこすとよい。

 「ハマグリと菜の花、ワカメの酒蒸し」は春の食材を合わせた華やかな一品。ハマグリはアサリほど砂はない…

この記事は有料記事です。

残り1766文字(全文2035文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. 東北新幹線で走行中にドア開く 運転士が緊急停止

  3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです