メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食・FOOD

春の貝料理 濃厚なうまみ生かして

料理研究家の舘野鏡子さん

 <くらしナビ ライフスタイル>

 春になり、旬を迎えるのがアサリやハマグリなどの貝類だ。料理研究家の舘野鏡子さんに貝をおいしくいただく料理を教えてもらった。

 「貝類は、身から出るだしが一番おいしいです」と舘野さんは話す。今回は、だしのうまみを余すことなく楽しめる3品を紹介してもらった。

 1品目は「アサリとグリーンピースのショウガ飯」。炊き込みご飯にすることで、ご飯にアサリのうまみが閉じ込められる。ご飯に入れる煮汁は茶こしでこすとよい。

 「ハマグリと菜の花、ワカメの酒蒸し」は春の食材を合わせた華やかな一品。ハマグリはアサリほど砂はないが、軽く砂抜きをする。菜の花は色が変わりやすいので、適当な大きさのザルがなければ、冷水にとって素早く冷ます。ワカメは、ハマグリのうまみを吸い取る役目をしてくれる。ハマグリによって塩加減が微妙に違うので、味見をしながら味を調える。

この記事は有料記事です。

残り1652文字(全文2035文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  3. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

  4. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです