メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食・FOOD

春の貝料理 濃厚なうまみ生かして

料理研究家の舘野鏡子さん

 <くらしナビ ライフスタイル>

 春になり、旬を迎えるのがアサリやハマグリなどの貝類だ。料理研究家の舘野鏡子さんに貝をおいしくいただく料理を教えてもらった。

 「貝類は、身から出るだしが一番おいしいです」と舘野さんは話す。今回は、だしのうまみを余すことなく楽しめる3品を紹介してもらった。

 1品目は「アサリとグリーンピースのショウガ飯」。炊き込みご飯にすることで、ご飯にアサリのうまみが閉じ込められる。ご飯に入れる煮汁は茶こしでこすとよい。

 「ハマグリと菜の花、ワカメの酒蒸し」は春の食材を合わせた華やかな一品。ハマグリはアサリほど砂はない…

この記事は有料記事です。

残り1766文字(全文2035文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです