メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校選抜ラグビー

栃木の佐野日大、推薦枠で初出場

 日本ラグビー協会は5日、第19回全国高校選抜ラグビー大会(毎日新聞社など後援)の概要と、出場32校のうち決定済みの22校を発表した。大会は30日に埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で開幕。予選リーグは32校が4校ずつ8組に分かれ、4月3日まで(2日は休養日)同公園の陸上競技場、ラグビー場、補助陸上競技場で行う。各組1位による決勝トーナメントは5、7、8日に陸上競技場で実施する。

 既に決まった出場校には、今年度の全国高校ラグビー大会4強の桐蔭学園(神奈川)、東福岡(福岡)などが名を連ねた。桐蔭学園には大会連覇が懸かる。実力がありながら同一都道府県や地区の強豪校に僅差で敗れた学校などが対象となる実行委員会推薦枠は東、西から各2校が選ばれ、佐野日大(栃木)、関大北陽(大阪)などがいずれも初出場を果たした。23日に出場校が出そろう。【大谷津統一】

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

  2. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  3. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  4. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです