メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

「私も産めたのでは」 法の対象外「洗脳」され子宮摘出 脳性まひ女性、今も悔い

「過去の事実をなかったことにはしてほしくない」と話す女性=富山市で

 「優生思想に洗脳され、子宮を摘出しました」--。脳性まひの障害のある富山県の女性(60)が、毎日新聞の取材に語った。「不良な子孫の出生防止」を掲げ障害者らに不妊手術を強いた旧優生保護法(1948~96年)の対象ではなかったが、22歳の時に自ら手術を申し出た。だが「本当は私も子どもを産み育てられたのでは」と悔やんできた。【岩崎歩】

 女性は生まれてすぐ脳性まひと診断され、8歳で石川県の障害者施設に入所。13歳の時に初潮を迎えた。身…

この記事は有料記事です。

残り738文字(全文954文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア デニス・テンさん殺害される ソチ五輪銅
  2. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  3. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人
  4. 沖縄 翁長知事、辺野古埋め立て承認を撤回へ
  5. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]