メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年

亡き人へ手紙 「漂流ポスト」2代目に

2代目ポスト(左)を設置し、初代ポストをトラックに載せる赤川勇治さん(右)ら=岩手県陸前高田市広田町で2月20日、藤井朋子撮影

岩手・陸前高田

 東日本大震災で亡くなった人への思いをしたためた手紙を受け取ってきたカフェ前にたたずむポストが、2代目に交換された。岩手県陸前高田市にあるこのポストは赤い円柱形のなつかしいデザイン。初代は同県一関市の持ち主に返され、2代目は同県奥州市の幼稚園からやってきた。三陸の森の中で、悲しみを癒やしに来る人を静かに待っている。

 カフェを経営する赤川勇治さん(68)は4年前から、店の前にポストを設け、亡き人への手紙を受け取る「…

この記事は有料記事です。

残り697文字(全文912文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. 金正恩時代の北朝鮮 中/正男氏動向、監視強める
  3. 先端に16mの「鼻」 次世代新幹線「ALFA-X」の試験車公開 JR東
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです