新燃岳

7年ぶり爆発的噴火 噴煙2800メートル

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 6日午後2時半ごろ、宮崎と鹿児島県境の霧島連山・新燃岳(しんもえだけ)で爆発的噴火が起き、噴煙は一時約2800メートルまで上がった。新燃岳の爆発的噴火は2011年3月以来7年ぶり。気象庁によると、爆発的噴火は午後11時までに少なくとも9回あり、宮崎、鹿児島両県の広範囲で降灰が確認された。同庁は、噴火警戒レベル3(入山規制)を継続し、火口から約3キロの範囲で大きな噴石が、約2キロの範囲で火砕流が達する恐れがあるとして警戒を呼び掛けている。

 6日午後11時現在、火口外で大きな噴石などは確認されておらず、けが人や家屋損壊などの被害も確認されていない。

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文603文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集