メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
大リーグ

イチロー、マリナーズ復帰へ 6年ぶりの古巣

イチロー=シアトルのセーフコ・フィールドで2004年10月2日、竹内幹撮影

 【ロサンゼルス長野宏美】米大リーグ、マーリンズからフリーエージェント(FA)となったイチロー外野手(44)がマリナーズと1年のメジャー契約で合意間近であることが明らかとなった。5日、米メディアが報じた。イチローは、すでにマリナーズの本拠地・シアトルで身体検査を受けており、入団が正式決定すれば、ヤンキースへトレードで移籍した2012年以来、6年ぶりの古巣復帰となる。

 イチローは昨季、打率2割5分5厘、3本塁打、20打点の成績でメジャー17年で最も少ない136試合出…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文482文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 防衛相、GSOMIA破棄の「間隙突いた」 北朝鮮弾道ミサイル

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです