大リーグ

イチロー、マリナーズ復帰へ 6年ぶりの古巣

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
イチロー=シアトルのセーフコ・フィールドで2004年10月2日、竹内幹撮影
イチロー=シアトルのセーフコ・フィールドで2004年10月2日、竹内幹撮影

 【ロサンゼルス長野宏美】米大リーグ、マーリンズからフリーエージェント(FA)となったイチロー外野手(44)がマリナーズと1年のメジャー契約で合意間近であることが明らかとなった。5日、米メディアが報じた。イチローは、すでにマリナーズの本拠地・シアトルで身体検査を受けており、入団が正式決定すれば、ヤンキースへトレードで移籍した2012年以来、6年ぶりの古巣復帰となる。

 イチローは昨季、打率2割5分5厘、3本塁打、20打点の成績でメジャー17年で最も少ない136試合出場にとどまった。チームの若返りを図るマーリンズから契約を更新されず、今季の所属先を探していた。一方、マリナーズは外野陣に故障者が相次ぎ、外野手の補強が急務となっていた。

この記事は有料記事です。

残り164文字(全文482文字)

あわせて読みたい

注目の特集