メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友文書

麻生財務相「個別調査は困難」6日に状況報告

 学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る財務省の決裁文書が書き換えられたとされる疑惑について、麻生太郎副総理兼財務相は5日の参院予算委員会で、捜査中のため詳細な調査を行うのは難しいとの認識を示した。財務省は6日朝に「調査状況」を国会に報告するとしたが、麻生氏は文書の具体的な内容には踏み込まない可能性を示唆。野党は「(原本と書き換え後の)文書が二つあるかも明言できないのは非常に深刻だ」(立憲民主党の福山哲郎幹事長)と反発した。

 麻生氏は「口裏合わせととられないため、捜査当局から控えるよう言われており、個別の調査はなかなかしにくい」と強調。6日の国会報告では「調査の方針や留意点など、調査状況を報告させる」と述べるにとどめ、調査の詳細についても「資料(文書)は大阪地検が持っているし、そういったことは答えられない」とかわした。

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文840文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  3. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  4. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  5. 社説 森友問題への政府対応 歯止めかからぬ国会軽視

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです