メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米軍タンク投棄

米空軍が回収作業 海自はサポートに

金網を使って破片の回収作業をする海上自衛隊員と米軍三沢基地の米兵たち=青森県東北町の小川原湖で2018年3月5日午前9時51分、一宮俊介撮影

 米軍三沢基地(青森県三沢市)所属のF16戦闘機が補助燃料タンク2本を近くの小川原湖(同県東北町)に投棄した問題で、米空軍は5日、タンクの破片の回収作業を海上自衛隊と実施した。青森県知事の災害派遣要請に基づき、これまでは海自のダイバーが残骸や破片を回収してきたが、今後は米空軍中心で作業を進めるという。

 東北防衛局によると、すでに全体の94%を海自が引き揚げた。5日からは米空軍が金網を使って漁船で底引きをし、残る破片の回収を目指す。海自も現地にとどまり米空軍をサポートする。これまでの湖の水質調査では、油分などは検出されていないという。

 タンクを投棄した戦闘機が所属する第35戦闘航空団のポール・D・カーミス副司令官は5日、報道陣に「海自の皆さんの多大なる尽力に感謝する。スムーズな引き継ぎができるよう努力する」と話した。【一宮俊介】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国首脳ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです