メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都大

iPS細胞の安価な培養方法開発 コスト削減効果

 京都大の研究チームが、iPS細胞(人工多能性幹細胞)やES細胞(胚性幹細胞)の作製で大量に使う培養液の費用を従来の5分の1~10分の1に抑える手法を開発したと発表した。実用化されれば、iPS細胞などを活用した再生医療や創薬のコスト削減につながる可能性があるという。論文が6日、英科学誌「ネイチャー・バイオメディカル・エンジニアリング」の電子版に掲載される。

 iPS細胞などの培養には多量の培養液が必要だが、現在使われているものは研究用で1リットル当たり5万…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文573文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  3. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  4. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故
  5. ルノーに亀裂 日産との関係悪化を懸念、ゴーンCEOに怒りも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです