メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都大

iPS細胞の安価な培養方法開発 コスト削減効果

 京都大の研究チームが、iPS細胞(人工多能性幹細胞)やES細胞(胚性幹細胞)の作製で大量に使う培養液の費用を従来の5分の1~10分の1に抑える手法を開発したと発表した。実用化されれば、iPS細胞などを活用した再生医療や創薬のコスト削減につながる可能性があるという。論文が6日、英科学誌「ネイチャー・バイオメディカル・エンジニアリング」の電子版に掲載される。

 iPS細胞などの培養には多量の培養液が必要だが、現在使われているものは研究用で1リットル当たり5万~7万円、臨床用で9万~13万円する。培養液には細胞の増殖や分化を促す「成長因子」と呼ばれるたんぱく質が使われているが、大腸菌などに作らせて精製する手間が必要で高価になっている。

 京都大は今回、必須とされてきたこのたんぱく質を使わない手法を研究。細胞の増殖・分化を促したり、抑えたりする3種類の化学合成物質を組み合わせた培養液を新たに開発した。1リットルあたり8000円程度で従来より大幅に安く、iPS細胞などの作製や増殖に成功し、さらに神経や心筋など6種類の細胞への分化を確認した。培養能力は従来と遜色ないという。

 研究に携わった京都大高等研究院物質-細胞統合システム拠点の長谷川光一特定拠点講師は「安全性や耐久性などをさらに確認し、なるべく早く実用化したい」と話している。【野口由紀】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです