メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

甲状腺がん

福島子ども検査 新たに1人 計160人に

 東京電力福島第1原発事故の影響を調べる福島県の「県民健康調査」検討委員会が5日開かれ、県は事故時18歳以下だった子どもらに実施している甲状腺検査で、昨年12月末までに新たに1人が甲状腺がんと診断されたと発表した。がん確定は計160人となった。検討委はこれまで「被ばくの影響は考えにくい」と説明している。

     甲状腺検査は原発事故時、県内に住んでいた子どもを対象に2011年から1巡目を開始。2巡目から事故後1年間に生まれた子どもを加えた約38万人を対象にしており、来年度に4巡目が始まる。

     検討委では県内の学校で授業や休み時間に児童生徒を集め、甲状腺の超音波検査をしていることが「強制的ではないか」との批判が一部で上がり、今後の検討課題にするとした。

     甲状腺検査を巡っては、手術の必要がないがんを見つけ、心身に負担を掛けているとの指摘があり、検査規模の縮小を求める声がある。【尾崎修二】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
    2. 和歌山妻殺害 容疑で逮捕の夫、不倫相手との新生活望む
    3. 毎日新聞世論調査 内閣支持率30% 不支持率49%
    4. クローズアップ2018 毎日新聞世論調査 内閣支持率、続落30% 「危険水域」寸前 麻生氏処遇、難局に
    5. 東芝 「稼ぎ頭」温存探る 銀行団に「中止」容認論

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]