甲状腺がん

福島子ども検査 新たに1人 計160人に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京電力福島第1原発事故の影響を調べる福島県の「県民健康調査」検討委員会が5日開かれ、県は事故時18歳以下だった子どもらに実施している甲状腺検査で、昨年12月末までに新たに1人が甲状腺がんと診断されたと発表した。がん確定は計160人となった。検討委はこれまで「被ばくの影響は考えにくい」と説明している。

 甲状腺検査は原発事故時、県内に住んでいた子どもを対象に2011年から1巡目を開始。2巡目から事故後1年間に生まれた子どもを加えた約38万人を対象にしており、来年度に4巡目が始まる。

この記事は有料記事です。

残り149文字(全文392文字)

あわせて読みたい

注目の特集