初出荷

養殖ブランド「お嬢サバ」関西へ“お嫁入り”鳥取

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 地下からくみ上げた海水で陸上養殖したマサバ「お嬢サバ」が5日、鳥取県岩美町の施設から初出荷された。関西の飲食店を中心に3~5月、約2万5000匹が出回る予定。

 鳥取県から稚魚の提供を受け、JR西日本がブランド魚として企画。海水は地中でろ過されており、寄生虫が付きにくい。新鮮さが売りで、サバは生きた…

この記事は有料記事です。

残り94文字(全文244文字)

あわせて読みたい

ニュース特集