メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

被災者援護資金回収本格化 仙台滞納率3割

災害援護資金の返済計画などを記した書類を手に取る男性。7月に返済期日を迎える=仙台市で、森口沙織撮影

 東日本大震災で被災者に貸し付けた災害援護資金の回収が本格化し、市町村が危機感を強めている。生活再建が進まず、回収が滞る恐れがあるためで、貸付額が約233億円(1万5137件)と全国最多の仙台市では、繰り上げ返済を除いて返済期日を迎えた約7650万円に対し、滞納率が3割近くに上る。回収を強いれば被災者を追い込むことになり、担当者は対応に苦慮している。

 東日本大震災での災害援護資金の貸付額は1月末現在、9都県で約519億円(2万9472件)に上り、約…

この記事は有料記事です。

残り879文字(全文1105文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア デニス・テンさん殺害される ソチ五輪銅
  2. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  3. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人
  4. 沖縄 翁長知事、辺野古埋め立て承認を撤回へ
  5. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]