文化審

音楽教室からの著作権料徴収容認 係争中は配慮を

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本音楽著作権協会(JASRAC)が全国の音楽教室に著作権使用料の支払いを求めていたのに対し、音楽教室側が文化庁に徴収保留を求めていた問題で、文化庁長官の諮問を受けた文化審議会が5日開かれ、JASRACの徴収を容認するとの答申を出した。ただ、JASRACに対し、社会的混乱を避けるため、係争中の教室には督促しないことを期待する意見も付記された。文化庁は、JASRACに答申に沿うよう求める行…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文492文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集